整形外科的blogのホームページです。wiki形式でまとまっています。

整形外科 てん先生のblogからデータを抽出してみました。よろしくお願いいたします。

2007年度 H19年度

整形外科医てん
http://ameblo.jp/ten-sensei/entry-10025919351.html
口頭試問
症例 
・骨頭すべり症 質問は診断、その根拠、治療、合併症

ビデオ 
・ひざの脱臼 膝内反不安定を生じた現象の名前

2007年度 H19年度
整形外科医てん
http://ameblo.jp/ten-sensei/entry-10023964513.html
口頭試問 
・自分の申請症例
膝OAとLCSの症例 一般的な所見、自分が外来でどんな保存加療を行うのか、手術の適応をどうやって決めているのか
(OAについてはTKAとHTOの使い分けとか、LCSについては固定を行うのはどんなときなのかなど)

・大腿骨頚部骨折の写真を見せられて、
Garden分類、疫学(好発年齢、一年以内の死亡率、屋内と屋外でどっちが発生率が高いのかなど)

ビデオ 
・CSMの診断などについて。FES、10秒テスト、高位診断

症例 
・大腿骨頭壊死 診断、MRI・骨シンチの所見、手術法など。

2007年度 H19年度
整形外科医てん
http://ameblo.jp/ten-sensei/entry-10023964624.html

口頭試問
・自分の症例二つ 

症例
・骨頭すべり 骨頭すべりはレントゲンみてトレトワンとケープナーの説明と、後方傾斜角が大体何度ぐらいなので、治療方法との関係(pinning,骨きり など)を聞かれました。「手術しないとどうなるの?」も質問されました。

ビデオ 
・膝関節脱臼 膝関節脱臼のレントゲンの後に「何をまず確認しますか(血管、 神経損傷)」を答えます。次に歩容を答える問題があったのですがわからず「わかりませんでした・・。」と答えたら「今からヒントがでてくるから大丈夫です よ」と親切に言っていただいて一安心しましたね。その後は、dial test、0度、30度での内反ストレス、後方ひきだし、saggingの画面がでてきました。その後、治療法を聞かれてビデオは終了

・中心性脊髄損傷 高位と治療法、予後をきかれ、問題集の通りに回答しました。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます