整形外科的blogのホームページです。wiki形式でまとまっています。

細胞性免疫(貪食など) & 液性免疫(抗体)

1、
細胞性免疫・補体免疫しかない状態。

2、
細胞性免疫
APC(抗原提示細胞)であるMφ(マクロファージ)とか樹状細胞とかが細菌やウイルスを貪食し、抗原提示をする。
T細胞にはMHC記兇梁人誉があり、たまたまAPCに提示された抗原にあうMHC兇鯣現しているT細胞(CD4+)はTh2細胞として分化・活性化する。たまたまAPCに提示されたMHC気鯣現しているT細胞はCTL(CD8+)として分化・活性化し、貪食を開始する。

2、細胞の活性化 
・活性化されたCTLは感染している細胞をアポトーシスさせる。
・活性化されたTリンパ球はTh1となり、CTL、Mφ、NKTを活性化させる。
(APCのIl12でTh1は活性化される。)
(TH1はIFNγ・CD40などでキラー細胞を活性化する。)
・活性化されたTh2細胞は、表面抗体により内部に抗原を取り込み、たまたまMHC兇砲篤韻弦蓋仰鷦┐鬚靴討いB細胞を活性化する。

3、抗体生産
・活性化されたB細胞は抗体を生産する。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます