整形外科的blogのホームページです。wiki形式でまとまっています。

・エピジェネティックリプログラミングとは? 

エピジェネティックとはDNA塩基配列によらない遺伝情報のことであり、DNAメチル化、ヒストン修飾、DNA結合タンパク、smallRNAなどによる遺伝情報のことである。リプログラミングとは分化した細胞が、未分化の状態に戻ることである。エピジェネティックリプログラミングとは、分化した細胞のDNA塩基配列以外の情報を修正することで細胞を未分化な状態に戻すことである。

尚、インプリンティング遺伝子は特殊なリプログラミングを示す。
 インプリンティング遺伝子はDNAメチル化などによるエピジェネティック的な遺伝で、生殖細胞の分化過程において一旦DNAメチル化の情報がリセットされ、減数分裂終了後の配偶子形成までに再び書き換えられる。
 胎児期におけるにおけるリプログラミングでは、生殖細胞の分化過程において、インプリンティング遺伝子のリプログラミングが行われる。
 受精後からのリプログラミングでは、インプリンティング以外の遺伝子がリプログラミングされ、さまざまな細胞に分化していく。

1、iPS細胞
多種多様のiPS細胞が発表されているが、基本的には既に分化された細胞に特定の遺伝子を発現させ細胞をリプログラミングさせ、自己複製能とTotiopotencyの能力を持つ細胞のことである。当初は、Oct4,klf4,Sox2,myc
の4つの遺伝子をウイルスベクターにより挿入しiPS細胞は作成された。現在では他の転写因子、もしくは転写因子によらないreprogramming,そして各種のウイルスベクター、ウイルスベクターを使用しないreprogrammingが可能である。

2、細胞融合
細胞融合は、種類の異なる細胞を細胞膜を融合させ、核の融合を促し、2種類の遺伝子を発現させる細胞を作成することである。細胞膜を融合させる方法は、センダイウイルス、ポリエチレングリコール、電気刺激などがある。センダイウイルスは、ウイルスのため安全性が弱く、PGは細胞毒性がある。また細胞融合させてもapotosisを起こす場合もある。

3、体細胞受精卵核移植

受精卵を用意し、体細胞の核を移植することである。体細胞の遺伝子が受精卵の環境によりリプログラミングされ、Totiopotencyを獲得し胚形成を行う場合がある。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます