整形外科的blogのホームページです。wiki形式でまとまっています。

・クロマチンの基本ユニット その動的なリモデリング機構についての説明

1、ヒストンcomplexの構造
ヒストンはH2A,B,H3,H4の2量体にて成り立っている。DNA二重螺旋構造は2nm、ヒストンの大きさは11nm,ヒストン凝集は30nm、染色体は1400nm程度のサイズである。

2、ヒストンそのものの構造 
C末端 球状 
N末端 テール

3、ヒストン関連でのエピジェネティックスは既知のメカニズムは以下のようなもので制御されていると考えられている。
1、DNAメチル化
2、ヒストン修飾(メチル化、アセチル化、リン酸化、SUMO化などなど)
3、smallRNAなど
4、以上のComplex

4、クロマチン
・クロマチンは凝集されて遺伝情報が活性化されていないヘテロクロマチンと遺伝情報が活性化されているユークロマチンに分けて考えている。
・ヘテロクロマチンには、ずっと活性化されない構造的ヘテロクロマチンと、活性化されたりされなかったりすることのある選択的ヘテロクロマチンに分けて考えられている。

5、クロマチン凝集は、関連タンパク質やDNAメチル化、ヒストン修飾、により凝集>解除を行っていると考えられている。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます